もしかして私も当てはまるかも、、、宅建業免許の欠格事由を解説 Part2

宅建業法

宅建業免許を受けられない人もいる

前回からの続きで宅建業免許の欠陥事由を説明していきましょう。

宅建業の免許は誰でも受けられるわけではなく、欠陥事由に当てはまる人は受けられないのだ。

ここを理解する上で重要となるものが、自らの判断で免許をあげても良いか、あげちゃダメなのか、を考えること。

世間的に見ても悪そ〜うな人や会社がこの後たくさん出てきますので、ぜひ皆さんも皆さんなりにジャッチしてみてください。

全部を暗記するより断然理論的ですし、試験の時も迷うことが少なくなります。

では早速みていきましょう。

不正手段で免許を取得した・業務停止処分に違反した・業務停止処分の枠内だがめっちゃ悪いことした、いずれかの理由で免許取り消し処分を受けた者

初っ端から5年ダメシリーズ業者・役員編です。

少し長かったですが、分解してみてみましょう。

不正手段で免許を取得したために免許取り消し処分を受けた者。賄賂とか考えられそうですね。もちろんそんなことしてはいけませんので5年ダメ。

業務停止処分に違反して免許取り消し処分を受けた者。既に悪いことをして一定期間「業務停止」と言われているにもかかわらず、無視して営業してしまう、などですね。これも命令違反ですので5年ダメです。

業務停止処分の枠内だがめっちゃ悪いことして免許取り消し処分を受けた者。業者の処分には3つあって軽い方から、指示処分→業務停止処分→免許取り消し処分 とだんだん重くなっていく。今回のケースは業務停止処分→免許取り消し処分の間くらいに思っていただければイメージしやすい。免許取り消してしまうと厳しすぎだけど、業務停止処分だけでは軽すぎる、だったら5年間ダメにしちゃえ!!

 

上記3つの元業者は大分悪い業者なので5年ダメとなる。そうすると業者の立場からすれば、「5年だめを受ける前に、自分で免許を返納して少し経ってから撮り直せばいいや」と考えがちです。

その様なズル賢い業者にも対抗できる様にしてあるのです。

上記に当てはまる業者で、聴聞の期日が公示されたのちに廃業等の届出をした元業者

聴聞とは取調べの様なもので容疑者(と説明の便宜上表現します)を招いて意見を聞いたり事情を説明されたりする機会のこと。この聴聞の日にちが公示されたとなると業者としては「見つかってしまったか!!」と考えて廃業の届出をするでしょう。しかしその様なかけこみ廃業をする様な会社も、5年ダメとなる。起算日は「廃業をした日にちから5年」なので注意。

さらに上記2項目に当てはまる業者の中で、聴聞の公示前60日以内に役員だった者も同様に5年ダメとなる。
さらにポイントとして役員も5年ダメとなってしまう。会社としての判断をしているのは上層部である役員たちだから、という判断。この役員が「会社じゃ5年ダメくらっちゃったから個人で仕事しよ〜」ということを防いでいる。ここまでだとずいぶん徹底して5年ダメにしているな・・・
ちなみにこの役員の中に取締役・相談役は含まれるが監査役は含まれない。業者の変更の届出(明治の薬剤師)に必要な役員には監査役は含むのでごっちゃにならない様に注意してください。

現役の暴力団員・足を洗ってから5年を経過してない者

宮迫さん、、、、

 

免許の申請前5年以内に宅建業において著しく不当な行為をした者

宅建業の免許を持っていないながらに、違反を犯すものもいる。その様な業者は罰金を課せられなくてもダメなのだ。

 

宅建業に関し不正または不誠実な行為をしそうな者

免許権者の目から見て「こいつ明らかに悪いことしそうだよな〜」っていう業者には免許は与えられない。個人的な意見ですが、最悪ここでどんな業者も止められることはできそうな、、、、

 

暴力団員の影響力の大きい会社

宮迫さん、、、、(二回目)

 

今まで説明した免許を受けられない者の中に役員・政令で定める使用人が当てはまる場合、その会社もダメである。
ここは非常に重要である。会社が良くても役員・政令で定める使用人がダメなら免許を受けられない。政令で定める使用人とは支店の支店長などだ。その様な悪い人間を上層部に置いておく会社は信用できません、ということだ。

まとめ

皆様いかがだったでしょうか。

二回に分けて宅建業免許の欠陥事由を説明してきました。

ご自身のセルフジャッチと比べてどうでしょう、厳しいでしょうか?いやまだまだ甘いね、という方もいらっしゃるかもしれません。

その様にご自身の尺度で考えてみると簡単に覚えられます。ご自身の感覚とこれらの法令をすり合わせていくことで、試験の際に難しい言葉で出題されても対応はできるはずです。

比較的毎年の様に出題されるパートですので、一度忘れてしまっても読み返すことが大切になります。

コツを掴みながら一歩ずつ一緒に勉強して参りましょう。

ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。

 

 

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました