免許の変更に「明治の薬剤師」が必要だとご存知でしょうか

宅建業法

宅建業の免許 の必須知識を一発で覚える

今回は宅建業の免許について頻出知識を紹介。

よく出るポイントなので押さえておいて損はなし。てか必須知識なので押さえるべし。

実際のテストでは直接的に問いかけてくる場合もあれば、下知識として応用を試してくる問題も出てきている。

そのため簡単に覚えられる様に、難しい言葉は使わず、わかりやすくお伝えします。

3分程度読むだけで絶対覚えさせますよ〜

免許の変更があった際に届出が必要となる

宅建業界に限らず、戸籍だったり、会社の書類だったりもそうだが、免許の登録内容に変更が生じれば、変更の旨通知を出すものだ。

では宅建業界では具体的にどの様な変更があれば、届出(通知)が必要になるのだろうか。

それこそが「明治の薬剤師」である。

ふーん、誰のことだろう、みなかた先生かな・・・

明治の薬剤師を分解して読み解く

人を分解することはないのでご安心を。

言葉として「めいじのやくざいし」→「めい」「じ」の「やく」ざい「し」

として分けられる。

それぞれを解説していく。

「めい」→名称・称号

登録している業者名のことである。

当たり前だが会社の名前と登録番号が紐付けされている。そのため名前が変われば免許権者としても「教えてよ〜、気づかないじゃ〜ん」となる。

「じ」→事務所の所在地

いわゆる住所である。何かと事務所の場所にはうるさい(気がする)のが宅建業である。土地を取り扱っているからなのだろうか。

免許取得の際も大臣免許や知事免許で分けられるし、事務所を移転した場合は免許換えが必要になってくる。そして、事務所の住所が変われば届出が必要なのは頷けるだろう。

「やく」→役員

この役員についても宅建業ではよく出てくるイメージ。役員も会社の幹部として中枢を担っているため、役員の判断=会社の判断になるくらい大事なメンバーだと言うことでしょう(たぶん)

ここでは役員の氏名だけで大丈夫だ。

役員の引っ越ししたとしても届出の必要はない。

「し」→専任の宅建士

宅建士の情報も宅建業界においては重要である、容易に想像できるだろう。

こちらも役員と同様、氏名の変更の際のみ届出を行えば大丈夫だ。

まとめ・再確認

いじょうが「明治の薬剤師」の実態である。ほんとに結構な頻度でテストに出るのに、

もう覚えてしまったのではないだろうか。

イメージとしては大沢たかおを思い浮かべてくれればそれでいい。それだけで、記憶に残るんじゃないかな。

ちなみに、

  • 変更があった際はずべて、変更から30日以内に届出が必要である。
  • 変更のみならず登録業者が死亡・廃業などの場合も届出が必要である。
  • 大臣免許の業者は本店所在地の知事を経由して大臣に届ける。

最後にここまで読んでくれた皆様にその他のポイントをお伝えしました。

なんならこっちもテスト出るかもしれませんね  ←じゃあもっと大々的にやれよww

まあまずは明治の薬剤師から覚えてみてください。

読んでくださいまして、ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました