よく出る書面問題の双璧、37条書面の基礎知識

宅建業法

37条書面とは

宅建試験の中でよく出題される書面事項の問題が2つあります。それは重要事項説明書と今回勉強する37条書面の2つです。

一体37条書面とはどんな書面なのか、今回は紐解いていきましょう。

大前提として始めに把握していきたいことは、時系列で

  • 重要事項説明 → 契約 → 37条書面

この順番で取り交わされます。

なぜこのような順番なのか、まず重要事項説明は契約前に行われますね。まだ勉強できてない!復習したい!という方はぜひこちら↓の記事を読んでいってください。

重要事項説明で建物・土地の説明を行い、見事契約まで進んでいったとしましょう。そこまでいったら次に必要になるのが37条書面です。この書面は契約内容を記載し、後々喧嘩にならないように書面にしたものなんです。

何のための書面なのか、この認識が非常に大事です。重要事項説明書とは役割がちがうんです。契約をした内容についてお互いの認識が違ったら喧嘩の元ですね。そうならないためにしっかり書面にして交付しましょう、というものです。当事者にとってはめちゃくちゃ大事な書類ですね。自分が当事者になった時のことを想像してみてもより一層理解できるかもしれません。

それでは、そんな37条書面について深掘りしていきましょう。

 

いつ必要になるのか

上段でも触れた通り、時系列的には 重要事項説明 → 契約 → 37条書面 となります。じゃあ契約が終わってから37条書面を交付するまで何年間もほっておいていいのか、というとさすがに違いますよね。契約したら遅滞なくその内容を書面にして交付します。

お互いに相違がないかどうか確認しなければいけないので契約成立後すぐに交付されます。

 

誰に交付するのか

重要事項説明書は、物件を手に入れる人に、でしたね。それでは37条書面はどうでしょう。

  • 37条書面は契約の両当事者に交付されます。

これは契約内容をお互いが控えておく必要があるため、ですね。例えば代理業者が売主、買主双方に交付しなければいけない。ということになります。

大事になるのが、宅建業者に対しても交付される、ということ。考えてみれば当たり前で、当事者間の契約内容なんですから素人も業者も関係なしに、知っておく必要がありますからね。

 

どのように交付されるのか

契約後遅滞なく両当事者に対して交付される37条書面ですが、どのように交付されるのか。

重要事項説明書は宅建士の記名押印をして宅建士の説明付きで交付されました。37条書面はどうか

  • 37条書面は宅建士の記名押印をして交付されます。宅建士の説明はいりません!

ここよく試験に出ます!!しっかり理解しましょう。理論的には重要事項説明は、該当物件において取引の相手方は知識がないですよね、なので売るためには物件を紹介して理解してもらって契約しよう。というもの。

一方37条書面は、お互いがやりとりを行った契約に関して記載されているものであり、改めて業者から説明する必要はありませんね。

もちろん交付する人は宅建士以外の人でOK!

 

まとめ

37条書面について学んできましたが、いかがだったでしょうか。重要事項説明書と双璧となすレベルで出題されますのでしっかり身につけておきましょう。

ポイントは重要事項説明書との違い、を理解することです。ついつい一緒に考えてしまいがちですよ。

記載内容については次回、勉強してまいりましょう。そこでもしっかり重要事項説明との違いを意識しながら学んでいきましょう。

今回の内容で気になるところなどありましたらぜひコメントください。もっと説明してほしい、というものも何度も説明しますから!

それでは今回は以上です。ここまでお読みいただきありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました