監督処分と罰則 〜業者と宅建士でめっちゃ似てるじゃん!〜

宅建業法

悪いことしたらどうするの?業者も宅建士も処分を受けます。

前回は監督処分の中の宅建業者に対する処分を勉強してきました。

まだみていない、復習したい、という方はぜひこちらの記事も併せてお読みください。一緒に覚えてしまった方がすんなり入ってきますよ

そして今回は宅建士に対する監督処分と、業者・宅建士への罰則について学んでいきましょう。

難しい内容はなく、今まで学んできた項目のおさらいにもなりますのでぜひ身につけていきましょう。

宅建士に対する監督処分

前回も学びましたが改めて。宅建士にに対する指示処分の種類は3つあります。

  1. 指示処分
  2. 事務禁止処分
  3. 登録消除処分

宅建士の場合も業者と似てますね。指示処分なんて同じ言葉ですからね。こちらもだんだん処分が重くなっているのはわかりますね。

宅建士に対する指示処分・事務禁止処分

誰が行うか→→→免許権者と現地の知事

ここも業者の場合と同じですね。

悪いことをした宅建士に対して、誰が取り締まるのかという場面。大阪で登録を受けた宅建士が東京で悪いことをした、そんな時、登録権者の大阪府知事が親心から叱るの?それとも被害があった東京を守るために東京都知事が叱るの?

答えは、指示処分・事務禁止処分の場合はどちらもOK。どちらも叱っちゃってください、コラっ!コラっ!

 

どんな時に?

宅建士の指示処分・事務禁止処分にあたる行為とはどんなものでしょうか。

  1. 名義貸しなどの不正行為

以上。これまたざっくりしてますが試験ではこれだけ覚えておきましょう。

ちなみに、業者の時と違って指示処分・事務禁止処分を一括りにしているのは、程度が悪ければ事務禁止処分になるからです。なんなら指示処分した後に「やっぱりこっち!」と事務禁止処分に変えることもできます。

いつまで?

事務禁止処分されてしまった宅建士はいつまで御預けを食うのか。それは長くても1年間です。1年間はジッとしてなさいね、というものです。業者の業務停止処分と同じですね。

業務停止されたら?

宅建士が業務停止を食らったら、速やかに取引士証を交付を受けた都道府県知事に提出しなければいけません。言葉のニュアンスの問題ですが、返納ではなく、提出ですね。なぜなら業務停止明けに戻ってくるからですね。

あとは屁こいて寝るだけ。

 

宅建士に対する登録消除処分

誰が処分を行うか→→→登録権者のみ

宅建士にとっては登録消除が一番重いですね。登録をした側にも問題があるのか?ということで登録権者がケツを拭くことに。ここも業者に対する免許取消処分と同様ですね。登録権者・免許権者のみができる処分です。

 

どんな時に
  1. 不正手段で取引士登録、取引士証交付を受けた
  2. 事務禁止処分に違反した
  3. 指示処分、事務禁止処分だけどめちゃくちゃ重い
  4. 登録の欠陥事由に当てはなった

これらすべての場合で必ず登録消除しなければいけません。登録を無くすかどうかについてはしっかりボーダーラインが引かれてるんですね。そんなとこまで業者の免許取消処分と同じですね。

 

登録消除されたら?

宅建士が登録消除を食らったら、速やかに取引士証を交付を受けた都道府県知事に返納しなければいけません。事務禁止処分と同様に言葉のニュアンスの問題ですが、こちらは提出ではなく、返納ですね。なぜならもう戻ってこないからですね。完全に返しちゃいます。

 

お仕置きしてやる!!

続いて罰則について学んでいきましょう。

実際のところ罰則はいくつかしか出る可能性はありませんから、ちょっとでも出題されそうなものを選んで学んでいきましょう。

不正手段で免許を取得した場合→懲役もしくは罰金、またはその両方

初っ端から結構重め、、ちなみに「免許」なので業者の話ですね。ちなみに両罰規定となるため、法人・従業員(個人)を共に罰することができます。一石二鳥でお仕置きです。

 

誇大広告を行なった場合→懲役もしくは罰金、またはその両方

こちらも重いです。盛り盛りに話をするくせついてませんか?インスタグラムで加工ばっかしてアピールしてませんか?みなさん。会社も自身も一気に食らう両罰規定ですからね。要注意です。

 

帳簿・従業員名簿を事務所ごとに備えていない場合→罰金

こちらも両罰規定です。

 

守秘義務に違反した場合→罰金

こちらは両罰規定はありません。

 

重要事項説明の際に取引士書を明示しなかった場合→過料

罰金よりはグレードが下がりました。同じ「かりょう」でも「科料」ではないので注意してください。こちらも両罰規定はありません。

 

名義貸しをして他人に営業させた場合→懲役もしくは罰金、またはその両方

名義貸しも罰は重いですね。なんと両罰規定もありますから会社も個人もダメージ大です。

 

まとめ

2回にわたって監督処分と罰則について学んできましたが、いかがでしたでしょうか。「罪と罰」とよく言われますし、一体のものなんです。一緒に学んでいってください。

また、暗記事項ばかりですので忘れてしまうこともよくあります。それでも大丈夫です。何度でも見返していくうちに頭に定着してきますから。

一回で覚えられる人なんていません!何度でも見返して試験の日にピークを持っていけばいいんです。

そのためのサポートをこのブログではさせていただきます。もしわからない項目などがあればどしどしコメントください。

集中的にご説明させていただきます。

それでは今回は以上となりますがぜひ次回もお楽しみにしてください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました