いざ夢の宅地建物取引士へ 〜未来の自分をイメージできる?〜

宅建業法

みんなを駆り立てる宅建士って何してる人?

 

皆さんが頑張って宅建試験の勉強をしておりますが、実際に宅建士って何するの?具体的にどうゆう手順でなるものなの?といった初歩的な部分を解説してまいります。

こちらももちろん試験にはよく出てきます。なおかつ今後不動産屋さんに勤める方は仕事の中で確実に必要になる部分ですので絶対に覚えておいてください。

いつまでも導入を話していても仕方がないので早速本題へ参りましょう。

どうやったら宅建士になれるの?

まずは宅建士のなり方をみていきましょう。「宅建試験に合格するんでしょ!知ってるよ〜」という方、まだまだ甘いですよ。

もちろん宅建試験への合格はマストです。しかしその他にもマスト事項が3つくらいありますので勉強してまいりましょう。

1、宅建試験に合格

まず宅建試験に合格すること。今まさに勉強しているこれですね。この試験に受かった者を合格者と呼びます。合格者は欠陥事由に該当しないこと、2年以上の実務を積んでいるor大臣講習を受けている人、に当てはまる人しかなれません。ここで「大臣講習って何?生まれてこのかた受けたことない」という方、安心してください。この大臣講習は試験が終わってから開催されますのでその時に講習を受けることができます。

2、知事に登録

その次は免許権者の知事より登録を受けます。そのためにはまた講習を受けます(笑)

今度は知事講習を受け、知事に登録されたら資格者と呼ばれます。

 

3、宅地建物取引士証の交付

ここまでの段階をクリアしていく必要があります。宅建士に合格して、人によっては大臣講習を受けて、知事講習を受けたらやっとのこと宅地建物取引士証をもらえます。長かった〜。これで晴れてあなたも取引士としての人生がスタートです。

ちなみにこの取引士証の有効期間は5年間で、更新をする際はその都度知事の講習を受けます。時期は、交付申請前の6ヶ月以内です。ここも非常に重要です。

 

宅建士になったらやらなきゃいけない届出

既に宅建士となった皆さん(ここの話の中ではさっき合格しました皆さんw)

宅建士は国家資格ですので国の大きな管理下に置かれることとなります。

まず必要なのは皆さんの情報を管理することです。

そこで下記のいくつかの内容に変更があった際は届出をしなければいけません。

大事になってくるのが時期です。いつまでに届出を出さなければいけないのか注意して勉強していきましょう。

変更の登録

  1. 住所
  2. 指名
  3. 本籍
  4. 勤務先の名前

これらに変更があった際は遅滞なく登録の知事へ届出をする必要があります。

 

死亡等の届出

宅建士本人に不慮の事態が訪れた際の対応です。

ポイントはその届出を誰が行うかというところです。

死亡の場合・・・相続人
破産の場合・・・破産した人本人
心身の故障・・・本人か法定代理人か、親族
禁錮、懲役、暴力団になった・・・本人
このようにそれぞれで届出をする人が違うのでしっかり覚えておいてください。
イメージとしては本人ができる場合は本人だが心身の故障では本人ができない場合もあるので法定代理人と親族でも大丈夫です。
これらの届出の時期ですが30日以内に登録の知事へ行います。死亡の場合は死亡が確認された日から30日以内となります。

 

登録の移転(任意です)

もし皆さんが今は沖縄県知事から免許を受けているが、転勤転職されて北海道に行くとなったら、5年ごとに知事講習を受けに沖縄に来なければいけないのか、となってしまいます。

その様な不便をさせないために登録の知事を変えることができるのです。

やりかたは、

  1. 今の知事を経由して届出を提出(この時点で自分の取引士証を渡したので効力を失っています)
  2. 移転すると、新たに取引士証が届くまでは仕事ができなくなってしまう。もしそうさせたくなければ登録移転の申請と新しい取引士証の交付を同時に行うことで、旧取引士証と引き換え流ことができる。
  3. この場合は旧取引士証の有効期間分しか有効期間は残っていない。

この順番で届出を行います。

ポイントは転勤した方はこの様な登録の移転をすることができますが、勤務場所は変わらず東京から埼玉に引っ越した、など引っ越しだけでは移転することはできない。

そして、事務禁止処分中に登録の移転をすることはできない。この届出自体も業務の一つなので、じっとしてなさい!ということだ。

一旦まとめ

上記の様に宅建士になってからも届出関係で国・知事への報告は欠かせない。国からの免許という自覚を持って勉強を進めていただければ自ずと理解が深まります。

次は宅建士になったら何ができるのか。

ということについて学んでいきましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございます。次回も一緒に勉強してまいりましょう。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました