地域ぐるみで火の用心 〜建築基準法からの刺客 防火地域〜

法令上の制限

皆さんは防火地域・準防火地域の言葉は聞いたことありますでしょうか。

火災は怖いですが起こり得ることでもあります。もし火事が起きたとしても多くの命が守れるような建物を建てましょう。という地域のことです。

お分かりだと思いますが、火事から守る度合いで言えば、防火地域>準防火地域 となります。

そんな防火地域・準防火地域について学んでいきましょう。

タイトル通り建築基準法で規定されておりますので、宅建試験に出題されやすい分野です。

暗記が多い建築基準法ですがしっかり身につけていきましょう。

 

防火地域・準防火地域とは

それでは防火地域・準防火地域についてもう少し深くまで理解していきましょう。

まず、耐火建築物・準耐火建築物という燃えにくい建物をこの地域では多く作ります。

防火地域・準防火地域内に耐火建築物・準耐火建築物を建てる。なかなか覚えやすいですね。そして、

どこに定めるの?

  • 防火地域、準防火地域どちらも都市計画区域に定める

都市計画区域とは人が集まりやすいですね=人が集まったところで火事があると危ない=防火地域・準防火地域を定めよう

という感じですね。対して準都市計画区域などはそこまで人がいないのでなんとかなりますので定められません。

 

防火地域・準防火地域の建物はどんな装備をしてるの?

その規定には2つあります。

  1. 外壁の開口部で延焼の恐れがある部分に防火設備を設置する(防火扉など)
  2. 壁、柱、床と防火設備それぞれが一定の技術的基準に則しているもの

この二つになります。細かく具体的な名前は宅建試験では問われません。大まかな規定さえわかればOKです。

建物の規模は?

さあお待ちかね、規制のかかる建物の規模ですね。

「法令上の制限」では規模系の問題がよく出ますね。感地区確認、開発許可、国土利用計画法、宅地造成等規制法、、、

他にも建蔽率、容積率、高さ制限も数字が出てきます、もうやんなっちゃいますね。

なので受験生の強い味方!ゴロ合わせを持ってきましたのでぜひお楽しみに!

 

防火地域の規模

防火地域ではどれくらいの大きさの建物だと耐火建築物・準耐火建築にしなければいけないのか。

こちらの表でまとめましたのでご覧ください。

 

防火地域の場合は地階も含んで数えます
例えば地下1階〜地上2階の建物を防火地域に建てるのであれば、3フロア以上ですので耐火建築物にしなければいけません。
さて語呂合わせですが、
  • 坊さん、100円ちょうだい!
火地域は3階以上か100火建築物です。なんとも見事にハマりましたね。

準防火地域の規模

続いて準防火地域ではどれくらいの大きさの建物だと耐火建築物・準耐火建築物にしなければいけないのか。

こちらの表でまとめましたのでご覧ください。

 

こちらの準防火地域では地階は含みません。ここよく混同してしまうので間違えないように。

それではこちらもゴロ合わせを、、

  • 良い子はゴミ拾う

準防火地域では4階建か1,500㎡超で耐火、500㎡超か3階建で耐火・準耐火になります。

準防火地域では良い子はゴミ拾うんです。

 

二つ以上の地域にまたがる場合は?

例えば防火地域と準防火地域にまたがるように家を建てるとき、そんなときは

  • 厳しい方に合わせます!

それはそうですよね。防火地域の一員でもあるので、なるべくレベルの高い方に合わせます。人命がかかっているんですから。

しかし、その建物の間に防火壁を立てていれば耐火建築+準耐火建築のドッキング型でも許されるんです。

 

この他にも大事なことが4つほど・・・・

看板、広告塔で屋上にあるもしくは高さが3mを超えるものには不燃材料を用いなければいけません。

こちら不燃剤を使用する以外にも、不燃剤でカバーしてあげても大丈夫です。

そして防火地域にのみ規定されます。

 

高さ2mを超える門や塀は延焼防止の物にする

大きいものが燃えると危ないですもんね。

こちらは防火地域・準防火地域ともに規定されています。しかし準防火地域の場合は木造建築物に付随する門や塀のみが該当範囲です。

 

屋根に火の粉が飛んできても大丈夫なようにする

壁や床だけ性能が高くてもダメなんですね。いつどこで火の粉が降りかかるかわからないのは望厦地域でもパワハラ上司のいる職場でも同じですね。

こちらは防火地域・準防火地域ともに規定されています。

 

外壁が耐火構造の場合、その外壁は隣地境界線に接して建てても良い

基本的に延焼防止のために壁は隣地から離して建てます。ですが燃えにくい耐火構造であればビタビタに寄せてもいいよってことです。都内の建物はこのような隙間のないところ多いですね。

 

まとめ

防火地域・準防火地域について学んできましたがいかがでしたでしょうか。

実際に全く燃えないわけではなく、燃えづらいものが耐火建築物ですのでお間違えなく。

ですが、建築基準法は覚えることだらけで嫌になりますね。

それでもゴロ合わせを駆使して立ち向かいましょう。

まずはイメージを持って、あとは集中して頭に叩き込むのみ!

今回はここまでとなります。お読みいただきありがとうございました。

ぜひ次回もお楽しみに。


コメント

タイトルとURLをコピーしました